ストレスチェック制度についてお知らせ

ホーム>ストレスチェック制度についてお知らせ

2016.05.20
お知らせ
YBS

ストレスチェック制度についてお知らせ

「労働安全衛生法」が改正され、労働者が50人以上の事業所では、2015年12月から毎年1回ストレスチェックを、全ての労働者に対して実施することが義務付けられました。
「ストレスチェック」とは、ストレスに関する質問票(選択回答)に労働者が記入し、それを集計・分析することで、自分のストレスがどのような状態にあるのかを調べる簡単な検査です。 労働者が自分のストレスの状態を知ることで、ストレスを溜め過ぎないように対処したり、ストレスが高い状態の場合は医師の面接を受けて助言をもらったり、会社側に仕事の軽減などの措置を実施してもらったり、職場の改善につなげたりすることで、「うつ」などのメンタルヘルス不調を未然に防止するための仕組みです。また、個人の結果が外部(上司・人事部門等)に漏れることは、一切ありません。職場全体の集団としてのストレス傾向の把握を目的に、個人が特定できないようストレスチェック結果を加工し、分析および報告書を作成する場合も個人の結果が外部(上司・人事部門等)に漏れることは、一切ありません。
安川ビジネススタッフの実施規定は以下の通りです。(平成28年5月20日 施行)
ユーザが追加した画像
 
ユーザが追加した画像
 
ユーザが追加した画像
 
ユーザが追加した画像
 
ユーザが追加した画像
 
ユーザが追加した画像
 
ユーザが追加した画像