次世代育成支援対策推進法に基づく「一般事業主行動計画」について

ホーム>次世代育成支援対策推進法に基づく「一般事業主行動計画」について

2015.12.11
お知らせ
YBS

次世代育成支援対策推進法に基づく「一般事業主行動計画」について

次世代育成支援対策推進法に基づく「一般事業主行動計画」
 
当社では、社員の皆さんが仕事と子育ての両立が出来、さらに子育てをしていない皆さんも含めた全員が働きやすい職場を作ることによって、全ての社員がその能力を十分発揮できるようにするために、以下のような目標を掲げました。
 
計画期間:平成2741日~平成30331日までの3年間
子育てを行う労働者等の職業生活と家庭生活との両立を支援する為の雇用環境の整備
 
目標1
計画期間内の育児休業の取得率の水準を維持する。
男性社員・・・計画期間中に1人以上取得すること
女性社員・・・取得率を80%以上にすること
 
【対策】
1.当社では、就業規則を社員全員に配布している為、制度の周知は徹底しているが、さらに育児休業制度の概要、当社での手続き・規程等について改めて周知するために、案内文を作成し配布する。

 
 
目標2
計画期間内に、特別休暇(夏季休暇・年末年始休暇・創立記念日等)を含めた有給休暇の取得日数を、1人当たり平均年間7日以上とする
 
【対策】
1.現行の特別休暇を周知し、部門ごとに取得の促進を図る

2.年次有給休暇の取得状況を把握し、各部署・派遣先・就業先において年次有給休暇の取得促進を図る
 
 
目標3
ボランティア、地域のイベント(わっしょい百万夏まつりなど)への参加を社員だけでなく、社員の子ども・家族と一緒に参加できるよう計画し、実施する
 
【対策】
1.これまで参加したイベント(わっしょい百万夏祭り、周年記念イベント、スペシャルオリンピックスのボランティア活動など)への継続参加

2.これまで以上に、家族が参加しやすい企画(参加交通方法や、食事など)を策定し、早めに広く周知する。